Bit Tones, Sonic Moods and Gradient Rifts by Ezequiel Olvera

Words by Ezequiel Olvera. Translated kinda by me, with a LOT of help from my mom. 

雑誌等で見られる屈折人物像は元々1-bitグラフィックであり、Broderbund分身であるClickArt より作られたタイトル、Incredible 65,000 Image Pakが五つのCDの中に入っていました。このCDパッケージは1987から1996まで使われていて、字体、写真、とビットマップ画像を提供していました。このZINEのために使われたイメージは四枚目のCDには入っていて、pg. 42に赤で探し方は書かれています。 2016年1月に 私が働いているJonathan Club Los Angelesに於いて古い本棚から、で見つけ出しました。以前 このJonathan Club Los Angelesでは上記のCDの内容を元に 広告やプロモーションのサンプルを制作したこともありました。
このように古くコンピューター自体少なく、限られた情報しかなかった時代やその情報もCDやフッピーに写し変えていたことに深い感慨を覚えました。 巨大なファイルやホルダーだったであろうと憶測の中、私は特にビットマップに 注目しました。その品質、色合いの深さ、単純なフォーマットはすべてそのIncredible 6500 Image Pakのデジタル環境に反映されています その代表格は最高のCPU処理速度の開発と、集積回路のCPUトランジスタの増加だと思われます。(Moore’s Law Timelineを参照)

ホルダー内部の優先度を見てみると、レンガ大の車専用の携帯電話、 大型パソコン、箱みたいなマウスパッド,がありこれらを見ていると、大きな世界のウエブ出現を思い起こしました。このデザインを作ったアーテイストはどうやって二つのカラーチャネルと一ビット編集ソフトウェアで複雑なテクスチャー、輪郭を構成できたのかが不思議でしょうがなかったのです。ビッとは2進法表現された、色のトーン、あるいはサウンドの深さのために使われています)。Incredible 65,000 Image Pak使われていた時代にはまだビットが高いグラフィックは使えませんでした。 CPUの内容量にもよりますが、 デジタルイメージの色の深さはピクセルを通して様々な深さの色をだすことが可能です。 パーソナルコンピューター初期の頃、例えば1983年度のマッキントッシュは白と黒のカラーで表現することが出来ました。アップル社はBit mapグラフィクスとピ変換されたクセルを使って マックペイントをマッキントッシュに付随しました。ピクセルはJPEG, TIFF, PNG、やRAWの書式をままとめたファイルを基本とし2進法を異なった方法で処理しています。


Bitmapは一番簡単な2進法で表された、白と黒のピクセルマップを通して、イメージファイルをしています。Incredible 65,000 Image Pakのグラフィックを見ると、低い技術の中でもイメージの中で表現された人物のアイデンティティやその時代のストーリーによっての分けられ方はこれで理解できるものでした。4番目のCDには36個もフォルダーがありますが、その中に”人々”と題のついた男女性別のファイルが見つかりました。 そしてこれらの性別は42pgに赤で記された子供のホルダーに分かれています。 私は次第に Click Artでの性別の判断は作成者とアーテイストとで省いたり付け足して作られたのだと解ってきました。 この写真やイメージはアーテイストが商業用、あるいは広告用に使われるためのストックであるということです。ストックイメージとは誰にも受け入られる一般的なイメージでいつでも、どこでも使えるために作られています。 Incredible 65,000 Image Pak は性別に関してステレオタイプの表現が反映されています。これを考えながら、ビットマップ画像を使い、女性や男性のステレオタイプを改善したいと思いました。 このことによりプレパックの中にない個性の違いを表現されるこは大事だと思いました。

歪めた画像を用いて視聴者たちにはどのように映ったのかを考えるスペースを与えてみようと思いました。
これらのイメージと同時に音楽でもミックスを作ってみました。Zine雑誌発行と同じくしてロス案ジェルス在住アーテイスト Jamma-Deeにお願いしてSonic Moodと言うファンクな音楽を入れることにしました。 このアーテイストのミックスは70年代の黒人ミュージック、ストリートカルチャー、ヒーロー物、ネオンアート、マンガ、そしてカリフォルニアのグラフィックデザインの影響を受けています。 プリンスやグレースジョンズのような性別のはっきりしないスタイルは80年代のビデオアートに於いては主流となりました。ファンクとは見た目、つまり違った生き方をした人や文化の違い等様々な要素を持って常に変化を遂げてきました。
Sonic Moodsを付け加えることにより、イメージをより広げ、抽象的にされ、視野が広がることとなります。先に紹介した歪めたイメージはその一環でファンクのように常に変化するということです。 Incredible 65,000 Image Pak の中での男女の人物像は変わってくると想像できました。このミックスを使うことで例えば、プールの中で見た水の底や運転中に見たメタルの映像が非常に歪んでいるように見える、そんなZineの象徴たるものでもあります。私はBitmapから歪んだイメージをプリントしたり、スキャンしたり修正しました。印刷されたBitmapをスキャンしながら移動させ、ホトショップで色の調整を行いました。 元々黒だけの色だったピクセルを様々な色付けをした結果、初期のMacPaintでは表現出来なかった色の濃さをイメージに反映できるようになりました。

The warped images in this publication originated from 1-bit graphics of women and men included in a five CD stock image package entitled Incredible 65,000 Image Pak made by Broderbund’s subsidiary ClickArt. The CD bundle was produced from 1987 - 1996 and featured a variety of digital assets such as fonts, photographs, and Bitmap graphics. The graphics were located on the fourth disk in the CD assortment and were accessed via the file path outlined in red on pg. 42. Around January 2016, I dug up the CD package in an old filing cabinet at Jonathan Club Los Angeles where I work as a graphic designer. In previous years the Club’s Communication Department sampled the CD’s contents to create advertisements and promotional material.
It felt nostalgic to look back to a digital past when personal computer screens weren’t as ubiquitous and data was disseminated more commonly by CDs and floppy disks. Amidst the behemoth of files and folders, I focused my gaze on Bitmaps; their quality, low color depth, and simple format reflected Incredible 65,000 Image Pak’s digital climate; a climate best captured by the development of CPU processing speeds and increase of CPU Transistors in integrated circuitry (see Moore’s Law Timeline).

As I descended into the folder hierarchy; Bitmaps of brick sized hand-held car phones, massive personal computers, and boxlike mouse pads reminded me of a world at the advent of the World Wide Web. I got sucked into how the artists were able to accomplish complex textures and dimensions in digital illustrations using two color channels and 1-bit editing software. A bit is a binary numerical value that can be assigned to output information such as color channels or depth of sound. Depending on a given computer’s CPU processing capabilities a digital image’s bit depth could output a wide variety of colors through pixels. Early personal computers such as the original 1983 Macintosh were able to output two colors: black and white. Apple released the Macintosh with the MacPaint program that could generate Bitmap graphics and modify pixels. Pixel based file formats such as JPEG, TIFF, PNG, or RAW compress and handle binary code (or bits) in different ways. However, Bitmap specifically refers to an image file format that stores pixels at their simplest binary form – bits that output two color channels: black and white on a map made of pixels.


Bitmap

In satisfying my low tech nostalgia by scouring through the Incredible 65,000 Image Pak, I could not help but notice narratives of identity present in the images of people and how these identities were categorized. Among the 36 sub-parent folders in the fourth CD none segmented identities more than the folder labeled PEOPLE, where genders were broken down into child folders indicated in red on pg. 42. I began to detect choices of omission and inclusion made by the producers and artists at ClickArt based on gender roles. The aim of stock photography and image production is for artists’ work to be commercially sold to and used by businesses or people who desire images for advertisement purposes. The most marketable stock images typically have universal appeal and can be used in a wide variety of circumstances or contexts. They aim to be void of biases and complexity; for the most part, their success is dependent upon their usability and relevance to trending aesthetics of the commercial world. The Incredible 65,000 Image Pak seemed to reflect these aspects and aims of stock imagery through the adherence and representation of gender stereotypes. As the finder of these digital artifacts, I desired to create a novel context where the Bitmaps were separated from performing the role of stock imagery. In this new context the images could be abstracted from their subtle prepackaged messages of identity that I did not agree with. 


I went about introducing methods of distortion by including a space in which the viewer could create interpretations outside of being presented with ideologies or methods of categorization. I turned to music as a method for providing a non-visual sonic atmosphere. Around April 2016, I asked L.A. based artist and musician Jamma-Dee to create a funk inspired mix called Sonic Moods to be included in this publication. The visual art surrounding G-Funk and Funk, which Jamma-Dee includes in his practice and graffiti, was inspired by a mixing of early California graphic design, ghetto painting advertisements, neon art, street culture, motion graphics, Black mysticism, Blaxploitation, and late 70’s Black aesthetics. Due to influences like Prince, Grace Jones, and others who experimented with sexual identity funk progressed to include the androgyny of the mid 80’s and self-expression through attire, visual and video art. The culture of funk formed around its music, developed a visual history that has come to accept sexual openness, different cultures, and projections of the future that alluded to science fiction.

By including Sonic Moods as the cultural background to this publication the
images could expand, abstract, and gain fluidity both spatially and sexually. As the images conjoined with the sound and culture of funk they were warped and liquidated. I imagine Sonic Moods washing over the women and men of the Incredible 65,000 Image Pak. The sound distorted and morphed the image data into abstracted reflections as if looking through water at the bottom of a pool or at the shiny spherical metal of a car or spacecraft. I went about warping the stock Bitmaps through a process of printing, scanning, and editing. The printed Bitmaps would be moved around during scanning then edited in Photoshop for color application.

The replacement of gradients for black pixels felt refreshing; in the transformation, the images obtained new depth that wasn’t possible with early versions of MacPaint or
personal computers with under 200 thousand transistors.